14499550062 028435e3b8 c


先月書いた日本語記事7本のまとめです。

人間 Human

技術 Technology

世界情勢 World Situation

6月の記事は、テーマがどれも重く、最新のもので、正直にいってくたびれました。

しかし、逆にというか、自分が何をなすべきかもはっきりみえてきています。

集団的自衛権問題ひとつとっても、あるいは、ロシアのあいまい戦術でも、イラクのあたらしい過激派武装組織の台頭でも、わたしたちはいま、ポスト冷戦構造の崩壊後を生きており、時代のはざまの乱気流に突入しているのです。

そして、そのことを明確に指摘するひとも、これまでとこれからの時代の骨を総合的な視野のもとで抉りだしてみせられるひとも、わたしの知るかぎりはいません。 

真に闘うべき相手はとにかく巨大で、深遠で、多様なのですが、それでも、共闘できるひとを絶えずもとめながらやり続けるしかないのでしょう。