Current Topips (日本語)

ロシアのウクライナ懐胎、現代の文豪ウラジミール・ソローキンが観た苦しき集団熱狂

先月末、現代ロシアを代表する作家のウラジミール・ソローキンが「ロシアはウクライナを孕んでいる」と題した文章を欧米メディア誌上で発表しています。昨年末からのウクライナ革命により惹き起こされたロシアの集団熱狂を戯画的に対象化 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

理念の終焉、Gゼロ時代のイスラム系過激派武装組織、イスラム国とボコ・ハラム

覇者なきGゼロ時代の本質は理念と責任の欠如にあります。それは、民主政治の機能不全やヨーロッパ各国における極右勢力の拡大、の大衆迎合的な侵略行為、やシンガポールの国家資本主義の躍進に顕著ですが、1990年代以来国際的に活動 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

羊谷知嘉「未来の幸福の条件を考える」in 三文会

一昨日、別のイベントで知りあった吉立開途さんからのお誘いで、現在起こっている世界・技術・人間の大変動について、東大駒場キャンパス近くの三文会さんにてお話してきました。今回使用したスライドと内容を簡単にまとめておきます。 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

東アジア新秩序、集団的自衛権の閣議決定を強行した安倍政権の日印豪同盟構想

香港の中国政府に抗する民主化運動の盛りあがりの裏で、日本の安倍政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことが国際的にも話題を呼んでいます。その後、の習近平国家主席との朴槿恵大統領は、ソウルでの首脳会談で対日対朝の共闘姿 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

左翼と反ヘイト、「未来の衝撃」が常態となった仮想化社会の人間と全体主義

6月24日発行の日本版ニューズウィーク誌に、「右傾化とヘイト」というタイトルで情報化社会における世界的な差別の蔓延と日本の反ヘイトスピーチ運動の盛りあがりの2本の記事が特集で組まれました。主旨はいずれも明確で、反差別も含 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

脳波最適化調整、仮想化時代最後の「金鉱」と第7番目の「戦場」

人間の脳波を用いた装置がゲーム産業などをフロンティアに随分とはやい速度で進展しています。実際、測定された個の脳波をもとにカスタマイズされた「音」を聴くことで心のバランスを整える脳波最適化調整という治療法はすでに実践されて ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

EU懐疑派の躍進、英国独立党ナイジェル・ファラージェとポデモス党パブロ・イグレシアス

5月22日から25日にかけておこなわれた欧州議会議員選挙は大方の予想を越える懐疑派躍進の結果となり世界を驚かせました。ウクライナはすでに内戦状態に突入し、天然ガスから宇宙開発事業までのさまざまな問題を含みながら世界の地政 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

メデア仮説、偽りの「母なる地球」を脱出するための宇宙開発事業の現在

たまにはちょっと趣きを変えて、とんでもない未来も見てみない? 未来といえばそう、人類最後の開拓地、宇宙です。 実際に計画されているものから構想上のものまで、日常とはまるでスケールが違う、宇宙開発の未来をご紹介いたします。 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

社会的知性の繊弱化、過激な新世代ネオナチの台頭に盛りあがる極右スウェーデン人党

総選挙の年を迎え、スウェーデン国内では各政党および政治団体の動きが活発化している。 現在非常に懸念されているのは、極右、スウェーデンでは通常「ネオナチ」とされている極端な政治思想を持つ集団が、これまでの花火やガラス瓶、こ ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

プーチン政権の手を完全にはなれたウクライナの暴動は何を意味するか?

ウクライナは東部ドネツク州の都市で庁舎などを占拠している反政府武装勢力に対し、本格的な強制排除に乗り出した。ウクライナ政府は反政府勢力の中にロシアの特殊部隊が含まれていることが確認されたとしている。 ロシアのテレビ局によ ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

宇宙開発事業と天然ガス資源、クリミア問題をめぐる世界情勢の深層

ロシアが「ウクライナの主権および領土保全を侵害したこと」を理由に、米航空宇宙局(NASA)のスタッフおよび請負業者に向けて、ロシアの政府関係者との関係を断つようNASA本部が指示した電子メールが、4月2日朝(米国時間)に ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

次世代オフィスデスクStir Kinetic Deskと政治のアルゴリズム規制

今日(米国時間3/20)、LabrosseのStirというスタートアップは最初のプロダクト、Stir Kinetic Deskを市場に出すための資金、150万ドルを調達することに成功したと発表した。 Stirは立っても座 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

検証思考の欠落、ドイツの再生可能エネルギー法の破綻と中国のトリウム原子炉建設計画の15年短縮化

2月26日、ドイツで衝撃的なリポートが発表された。EFI(Expertenkommission Forschung und Innovation=研究・革新専門家委員会)といって、2006年にドイツ政府によって作られた6 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

インターネットが人間の意識の外に消える未来、ポスト情報化社会

3月12日はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の誕生から25周年になるそうだ。 米シンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」は、この記念日に合わせて、「2025年のデジタルライフ」という約60ページにのぼる報告書をまとめ ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

YouTubeとFacebookの利用禁止をもくろむエルドアン首相は世界の例外か?

エルドアン首相は6日遅くにトルコの放送局ATVとのインタビューで、今月30日の地方選後、国内でユーチューブとフェイスブックを禁止する可能性があると述べた。 首相は現在、米国に拠点を置くトルコ人イスラム教指導者、フェトフッ ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

シェール革命が影を投げかける世界の政治変動とアメリカの終末感(加筆済み)

クリミア情勢が緊迫化する中、米議会ではロシアとの直接対決を求める声が高まっている。「死地に乗り入る600騎」(クリミア戦争を描いた英詩人テニスンの詩)のような手法ではないが、ロシアのプーチン大統領にはおなじみの「武器」の ...
Continue Reading »