Current Topips (日本語)

ロシアのウクライナ懐胎、現代の文豪ウラジミール・ソローキンが観た苦しき集団熱狂

先月末、現代ロシアを代表する作家のウラジミール・ソローキンが「ロシアはウクライナを孕んでいる」と題した文章を欧米メディア誌上で発表しています。昨年末からのウクライナ革命により惹き起こされたロシアの集団熱狂を戯画的に対象化 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

理念の終焉、Gゼロ時代のイスラム系過激派武装組織、イスラム国とボコ・ハラム

覇者なきGゼロ時代の本質は理念と責任の欠如にあります。それは、民主政治の機能不全やヨーロッパ各国における極右勢力の拡大、の大衆迎合的な侵略行為、やシンガポールの国家資本主義の躍進に顕著ですが、1990年代以来国際的に活動 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

終わりなき日本の製造業神話、大手ハイテク企業は何故レタスを作りはじめたのか?

近年、20世紀後半の4半世紀に栄華を誇った日本の製造業、とりわけ、エレクトロニクス産業の危機と衰退が頻りに叫ばれています。その背景には、同時期から先進国で進行していた知識集約型経済に日本が未だに移行できていない後進性と、 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

東アジア新秩序、集団的自衛権の閣議決定を強行した安倍政権の日印豪同盟構想

香港の中国政府に抗する民主化運動の盛りあがりの裏で、日本の安倍政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことが国際的にも話題を呼んでいます。その後、の習近平国家主席との朴槿恵大統領は、ソウルでの首脳会談で対日対朝の共闘姿 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

左翼と反ヘイト、「未来の衝撃」が常態となった仮想化社会の人間と全体主義

6月24日発行の日本版ニューズウィーク誌に、「右傾化とヘイト」というタイトルで情報化社会における世界的な差別の蔓延と日本の反ヘイトスピーチ運動の盛りあがりの2本の記事が特集で組まれました。主旨はいずれも明確で、反差別も含 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

セブンプレミアム戦略とナレンドラ・モディ新首相を押しあげたインド国民の消費欲望

  過去30年に世界で起きた最も重要な変化は、中国の台頭だ。中国の国民1人当たりの国内総生産は、30年間で年平均およそ300ドルから6750ドルに増加した。 インドの国民1人当たりのGDPは、30年前は中国と同 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

メデア仮説、偽りの「母なる地球」を脱出するための宇宙開発事業の現在

たまにはちょっと趣きを変えて、とんでもない未来も見てみない? 未来といえばそう、人類最後の開拓地、宇宙です。 実際に計画されているものから構想上のものまで、日常とはまるでスケールが違う、宇宙開発の未来をご紹介いたします。 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

プーチン政権の手を完全にはなれたウクライナの暴動は何を意味するか?

ウクライナは東部ドネツク州の都市で庁舎などを占拠している反政府武装勢力に対し、本格的な強制排除に乗り出した。ウクライナ政府は反政府勢力の中にロシアの特殊部隊が含まれていることが確認されたとしている。 ロシアのテレビ局によ ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

相互扶助感情とグレート・リセット、クマムシ博士に書評を拾っていただきました。

拙著『クマムシ博士の「最強生物」学講座』が出版されてから半年が経過しました。おかげさまで各界で好評をいただいています。 クマムシのゆるキャラを商品化して研究費を捻出しようとする奮闘ぶりも語られる。研究対象並みのしぶとさが ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

宇宙開発事業と天然ガス資源、クリミア問題をめぐる世界情勢の深層

ロシアが「ウクライナの主権および領土保全を侵害したこと」を理由に、米航空宇宙局(NASA)のスタッフおよび請負業者に向けて、ロシアの政府関係者との関係を断つようNASA本部が指示した電子メールが、4月2日朝(米国時間)に ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

現代技術と学習意欲、中国軍兵士の繊弱さと米軍の脳力強化プロジェクト

あなたは暗闇の中でも物が見える網膜チップにいくら払うだろうか。どんなに騒々しいレストランでも会話が聞こえる次世代型の人工内耳や、読んだもの全てを完璧に思い出させてくれる、海馬に直接つなぐメモリチップはどうか。声には出さな ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

検証思考の欠落、ドイツの再生可能エネルギー法の破綻と中国のトリウム原子炉建設計画の15年短縮化

2月26日、ドイツで衝撃的なリポートが発表された。EFI(Expertenkommission Forschung und Innovation=研究・革新専門家委員会)といって、2006年にドイツ政府によって作られた6 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

STAP細胞騒動とマレーシア航空機遭難事件にみられる腐敗と混沌の情勢

マレーシアのナジブ首相は15日、消息不明のマレーシア航空370便について記者会見し、同便は「意図的な行動」によって消息を絶ったとの見方を示した。 米国の調査団は機内の何者かが意図的に航空機の針路を変更し、航空機の位置を隠 ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

幻の現代原子炉、トリウム溶融塩炉はどの国で蘇るのか?

「平均年齢30歳の若手を中心に約500人が次世代炉のプロジェクトを進めている」――。中国科学院上海応用物理研究所の徐洪杰TMSRセンター長は今年4月、都内で開いたシンポジウムで開発陣容の拡大を明らかにした。 TMSRはト ...
Continue Reading »
Current Topips (日本語)

中国の次はFacebookとGoogleがアフリカ大陸を変える?

Facebookは、インターネットの利用が未だに自由にできない世界の50億人の人々に対して安価なアクセスを提供しようというInternet.orgイニシアチブの主要な後援者だ。TechCrunchが得た情報によると、この ...
Continue Reading »