人間はアルゴリズムとの頭脳競争に勝つ見込みがあるのか?


humanoid31

タフツ大学とブラウン大学、ならびにレンセラー工科大学からなる学際的研究チームは、「善悪の判断」を行い、それに伴った行動をとることができる自律型ロボットの研究に取り組んでいる。

プロジェクトの責任者を務める、タフツ大学ヒューマン・ロボット・インタラクション研究所のマティアス・シューツ所長は、人間独自の特性と考えられている「善悪の判断」は、ほとんどの人々が想像しているほど複雑ではないかもしれないと考えている。

「倫理的な能力とは、大雑把にいえば、法や、人々が賛同する可能性が高い社会的な慣習について、学習し、それに従って思考や行動を行い、それについて話せる能力だと考えられる」とシューツ氏は述べる。「問題は、機械や人工システムがこうした能力をエミュレートし、実行することができるかどうかだ」

例えば、おそらくは近い将来に多数登場するであろう医療ロボットに対して、重傷を負った兵士を最寄りの野戦病院に移送するよう命令したとする。この医療ロボットは移送中に、脚を骨折した別の海兵隊員に出会った。医療ロボットは、立ち止まって手当を施すべきなのだろうか? それとも与えられた任務を遂行し続けるべきなのだろうか?

こうした仮定の質問に答えるためには、研究チームは、共感の本質に関するさらに多くの問いかけを行って、人間の倫理的能力を構成している本質的な要素を特定する必要がある。人の感情を生み出す根源がわかれば、人間のような倫理的判断が行える人工知能をモデル化する枠組みに取り組めるだろう。

「われわれは、既存の自律型ロボットの実証されたアーキテクチャーに、独自のアルゴリズムと計算メカニズムを統合するつもりだ。拡張されたアーキテクチャーは、ロボットが倫理的判断に基づいて、計画された行動をダイナミックに上書きできるような、柔軟なものになる」とシューツ氏は語る。

一方、シューツ氏と協力して研究を行っている、レンセラー工科大学認知科学部のセルマー・ブリングジョード部長は、人間の倫理は何を意味するのかについて、確立した定義はないと指摘し、これは研究チームが取り組むべき難題だと語る。

「不測の事態が生じたときには、その場でさらに深く熟考できる能力をロボットに持たせなければならない。人間によってあらかじめ設けられたルールは限定的で、考えられるすべての状況を予期したものではないからだ」

via 善悪を判断するロボット、米海軍が開発支援 « WIRED.jp.

人工知能の父と称される[p2p type=”post_tag” value=”marvin-minsky”]マーヴィン・ミンスキー[/p2p]の10年以上も前のTED講演を興味深く観ました。彼はその講演をこれからの心理学の中心課題、すなわち、問題の種類は何か、戦略の種類は何か、それらをいかに学び、繋ぎあわせ、新しい思考を考えだすかという創造性の過程が今後の知的マシンの核になると語り結ぶのですが、実をいうとわたし自身の知的課題もある意味でこれと同じものだったのです。つまり、現実のあらゆる私的ないし公的問題に対する適切で有効なアプローチの方向付け、と書くとむずかしい感じがしますが、簡単にいえば、人間関係のお悩みから1世紀後の人類の生存可能性までの幅広い問題の腑分けです。

意外に思うかもしれませんが、多様な知性と教養、実践を混ぜあわせた万能人的なあり方を実際に示したひとは歴史的には少なくありません。代表的な人物をふたり挙げるとすれば、古代ギリシアの哲学者[p2p type=”post_tag” value=”socrates”]ソクラテス[/p2p]、それも、プラトンが描いた形而上学者としての彼ではなく、クセノフォンが描いた賢者としてのソクラテスです。もうひとりは、所謂マネジメントの発明者というよりは、20世紀、21世紀の深層を剔抉した社会生態学者[p2p type=”post_tag” value=”peter-drucker”]ピーター・ドラッカー[/p2p]です。前者はデルフォイの神託の懐疑から、後者は全体主義の分析からはじめ、それぞれの対話と著述をとおしたその偉大な実証的知性は今日の人類史的発展に貢献しました。

以前書いたように(「アルゴリズムの表情認識はヒトの共感的知性の代替物になりうるのか?」)、数年後のポスト・ヴァーチャル化時代における重要な変化のひとつにはアルゴリズムによる社会規制や個人的な判断への広範な浸透があります。もちろんそれは、人間の合理的な計算能力を補強するものであると同時に、価値的な判断や直感的でかつ共感的な認知の構造的な代替物になるでしょうが、しかしそれはあくまでよりヴァーチャルな質の代用品で、上記引用文を読むかぎりは、人間の価値的な「善悪の判断」ではなく、身体的共感に根ざした[p2p type=”post_tag” value=”socialized-mind”]社会的知性[/p2p]の結果の傾向だけを過程抜きで模倣したに過ぎません。

つまり、人間独自の「善悪の判断」は想像よりも複雑なものではないというマティアス・シューツは、以前書いた価値的な判断原理である[p2p type=”post_tag” value=”self-authoring-mind”]構成的知性[/p2p]を(「自己主導型知性、赤ちゃんと成熟した人間の知性はなにが違うのか?」)、ひとびとの賛同しやすい社会的な慣習を同調的に身につける能力だと、原理的にはより低次な共感的知性に落としこんで理解しているのです。当然のことですが、法の権威や価値の序列はそれぞれの好き嫌いとはまったく違う次元にあります。個の好悪の根にあるこの共感的知性の親密さとその内外による世界の区分けを否定し、超越的な第3項からの俯瞰的な視点を内面化することによってしか、文明化した人間独自の「善悪の判断」は本来的にできないのです。

発達心理学者の[p2p type=”post_tag” value=”robert-kegan”]ロバート・キーガン[/p2p]も統計的に確認していることですが、人間の何割かはそもそもシューツ的な慣習にたいする集団的同調性としてしか人間の倫理的判断能力を解していません。わかりやすくいえば、好きか嫌いか、敵か味方か、親密なのか疎遠なのかといった政治的ないし親密圏的な世界の分けかただけで生きているのです。したがって、アルゴリズムが仮にこの構成的知性すらも模倣できるようになり、ミンスキーの云う適切な思考法の使い分けと組みあわせができるようになったとしたら、知識労働者も含めた多くのひとたちがあらゆる社会活動の頭脳面からお役御免になりはじめるのは間違いないでしょうね。

Buy good books
And support me, please.
[amazonjs asin=”4320122372″ locale=”JP” title=”ミンスキー博士の脳の探検 ―常識・感情・自己とは―”]

Chika Hitujiya

I'm Futurist, producing "Whole Earth Museum" and co-producing art project Run! Miumushi-Kun & Garapadish. This common purpose is really simple. Making you enjoy and preserving the enough requisite knowledge & things for human to survive the crisis of period.

Leave a Reply

Your email address will not be published.